講演会のテープおこし

メモ代わりに使用可能!仕事の効率化を向上!

音声認識ソフトはどんどん進化してきています。音声認識ソフトを使えば、面倒な入力もしなくて済むし、時間も節約できます。

 

 

長時間の文章入力がツライ、短期間に入力を済ませたい、キーボードの入力が苦手、ハンディキャップがあってしゃべって入力したいという人に、最新版の音声認識ソフトは人気が高くなっています。

 

 

議事録、インタビュー、講演会のテープおこし、法律専門用語に特化した音声認識ソフトは、今まで難しいと思われていた専門用語も、きれいに読み取って入力をしてくれます。

 

 

法律用音声認識ソフトは、法律専門用語を強化しただけでなく、認識率を大幅に向上させています。

 

 

Windows上で動作するほとんどのアプリケーションで対応可能になっていて、マイクに向かって話すだけで文字入力が可能になっています。

 

 

こうした音声入力ソフトの特徴は、使えば使うほど認識精度が上がっていきます。

 

 

最初に声を登録する必要もないので、誰が話しても、入力対応が可能になります。

 

あなた好みにカスタマイズ!単語簡単登録!

最先端の音声認識技術AmiVoiceを駆使しているので、判決文、準備書類、答弁書、陳述書、調書、内容証明といった報告書類も、電子メールの作成も、いちいち入力を行わなくても、読み上げるだけで作業が終了し、仕事の効率がアップします。

 

 

「金員」「甲1号」などの法律用語がきれいに入力されます。音声認識用辞書には、約16万語の専門用語が含まれ、認識率の精度の良さに貢献しています。

 

 

同音異義語の場合は、正しく入力されなかった単語にカーソルを当て、他の変換候補がリストアップされるので、その中から正しい単語を選択することで、修正を行っていきます。

 

 

もちろん、ユーザー自身の単語登録も簡単なので、カスタマイズも可能です。

 

 

ハンドマイク付きのタイプや、ダウンロード型のもの、専門辞書搭載型など、さまざまなタイプから選ぶことができます。

 

 

毎日大量のデータの入力を行うオフィスなら、導入することで仕事の手順や効率に、大きな変化をもたらすことが可能になります。

 

>>AmiVoice SP2(アミボイス)【最安値】公式ショップはこちら<<